このエントリーをはてなブックマークに追加

栄養学博士の薬剤師が断言「薬は体にとって毒」だと

栄養学博士の薬剤師が断言「薬は体にとって毒」だと Ref:「薬を使わない薬剤師」KUMIKAのページ

『薬剤師は薬を飲まない』著者 「薬は体にとって毒」と断言

世界第2位の製薬会社ノバルティスファーマが白血病治療薬の臨床研究に不正な圧力をかけていた問題が波紋を広げているが、日本人の薬に対する信頼感はいまだ大きい。2009年には大衆薬のコンビニ販売が解禁され、昨年11月には約99%の大衆薬のネット販売を認める方針を政府が打ち出した。今後、薬はますます身近な存在になり、体の不調を感じたらすぐに手を伸ばす気軽な商品になっていくだろう。

そんななか、薬を調剤・処方する、いわば「薬のプロ」であるはずの薬剤師から衝撃的なアドバイスが飛び出した… 

「たとえば、火事が起きたら消防車を呼びますが、消防車は火事の家だけに放水します。しかし、薬は体の不調なところにだけピンポイントで作用するわけではありません。飲み下された薬は胃で消化され、全身を駆け巡ります。言うなれば、住宅街をくまなく回り、火事でない家にも放水して屋根や壁を痛めつけているようなものです。そうした薬の本当のメカニズムを知っているからこそ、私は薬を飲まないのです」…

宇多川氏は「薬は体にとって毒」だと断言する。

「薬は自然界には存在しない合成品です。薬には、石油から合成して作られたものが多くあります。つまり、元をたどればプラスチックと同じ成分から作られているのです。そうした合成品は体にとって異物。効き目があるところにはよいですが、全く無関係のところに行き渡れば重い副作用を及ぼす毒になるのです」(宇多川氏)

出典:NEWSポストセブン

以下、Twitterでの反応

B層マーケティングもやり過ぎると逆効果なんじゃないかな。


このエントリーをはてなブックマークに追加


DX編集部のイチオシ求人サイト

No.1薬キャリ

薬キャリ
求人件数 対応地域 利用料金
30,000〜 全国 無料
推奨理由

利用者数No1の薬剤師転職支援サイト。求人の質、キャリアコンサルタントの対応ともに文句ナシ!!もし、あなたが転職を考えているのなら今すぐご登録をどうぞ!