このエントリーをはてなブックマークに追加

リケジョ小保方晴子さん残念、理化学研究所の発表したSTAP細胞に疑惑

リケジョ小保方晴子さん残念、理化学研究所の発表したSTAP細胞に疑惑 Ref: 個人 - Yahoo!ニュース

STAP細胞 確信なくなった

理化学研究所などのグループが発表した「STAP細胞」について、共同研究者の山梨大学教授が10日NHKのインタビューに答え「研究データに重大な問題が見つかり、STAP細胞が存在するのか確信がなくなった」として、論文の取り下げに同意するようほかの著者に呼びかけたことを明らかにしました。
「STAP細胞」は、神戸市にある理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーなどのグループが、作製に成功したと科学雑誌「ネイチャー」に発表し、新たな万能細胞として注目を集めました。
しかし、その後論文に不自然な画像やデータがあると研究者からの指摘が相次ぎ、理化学研究所などが調査を進めています。
これについて、論文の共同著者の一人でSTAP細胞の万能性を調べる重要な実験を担当した、若山照彦山梨大学教授が、10日、NHKのインタビューに答えました。
この中で若山教授は「信じていた研究のデータに重大な問題が見つかり、STAP細胞が本当に出来たのかどうか確信がなくなった…

若山教授は、論文を取り下げた上で外部の専門家に検証を依頼したいとしていて、保管している細胞のサンプルや当時の詳細な実験データなどを提供する用意があるとしています。
若山教授は「自分が担当した実験については正しいと信じているが、前提となるデータの信頼性に確信が持てなくなった。一体、なにが起こったのか科学的に検証することが論文の著者としての責任だと考えている。何より私自身、真実が知りたい」と話しています。
これについて理化学研究所は「研究の本質部分については揺るぎないものと考えているが調査中のため、現時点ではコメントできない」としています。

出典:NHK ニュース

小保方さん、STAP細胞 博士論文画像と酷似

理化学研究所(理研)の小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダー(30)らによる新たな万能細胞「STAP細胞」の論文に、小保方氏が3年前に書いた博士論文中の画像と酷似しているものがあることが9日、判明した。博士論文は、英科学誌ネイチャーに発表したSTAP細胞とは別の研究を扱っており、画像を転用した可能性も指摘されている。

酷似しているのは、ある細胞がいろいろな組織に分かれていく能力(多能性)を持つことを示す画像。研究の核心部分の一つだ。ネイチャー論文では、これらの組織がSTAP細胞からできたことになっているが、博士論文では、骨髄から採取した細胞からできたと説明していた。
 博士論文は、小保方氏が早稲田大大学院に在学中の2011年に執筆した。インターネット上で専門家の指摘が相次ぎ、本紙が入手した博士論文で、4点の画像が酷似していることを確認した。

出典:中日メディカルサイト

以下、Twitterでの反応

蓮舫さんの言うとおりスパコン二位でよかったですね
ローラもCMで二位って言ってることだし


このエントリーをはてなブックマークに追加


DX編集部のイチオシ求人サイト

No.1薬キャリ

薬キャリ
求人件数 対応地域 利用料金
30,000〜 全国 無料
推奨理由

利用者数No1の薬剤師転職支援サイト。求人の質、キャリアコンサルタントの対応ともに文句ナシ!!もし、あなたが転職を考えているのなら今すぐご登録をどうぞ!