このエントリーをはてなブックマークに追加

【国立病院で医療ミス】造影剤ウログラフィンを脊髄に注射、78歳の女性患者が4時間後に死亡

【国立病院で医療ミス】造影剤ウログラフィンを脊髄に注射、78歳の女性患者が4時間後に死亡 Ref:国立国際医療研究センター

脊髄に使用してはいけない薬を注射する医療事故 女性患者死亡

国立国際医療研究センター病院によると、16日、足腰の痛みやしびれで検査入院した78歳の女性患者に、脊髄のレントゲン検査などを行う際、脊髄には使用してはいけない造影剤「ウログラフィン」を注射し、女性患者は4時間後に死亡したという。
注射した29歳の医師は、「使用すべき薬と差がないと思っていた」と話していて、脊髄への注射を1人で行うのは、初めてだったという。
病院側は、重大な医療ミスがあったとして、警視庁に届けるとともに、くわしい死亡原因を調べている。

出典:FNN

国立病院で間違えた薬を注射され、78歳女性が死亡


病院によりますと、医師は1人で検査するのは初めてで、「薬は血管用も脊髄用も同じだと思っていた」と話しています。病院側は遺族に謝罪し、警視庁に届け出ています。

出典:テレ朝news

以下、Twitterでの反応

禁忌(きんき)とは「してはいけないこと」の意
1つの医療ミスで患者も医者も人生が狂います
このような悲しい事が二度とおこらないように
ミスが発生しづらい環境を常に整えておく必要があると思います


このエントリーをはてなブックマークに追加


DX編集部のイチオシ求人サイト

No.1薬キャリ

薬キャリ
求人件数 対応地域 利用料金
30,000〜 全国 無料
推奨理由

利用者数No1の薬剤師転職支援サイト。求人の質、キャリアコンサルタントの対応ともに文句ナシ!!もし、あなたが転職を考えているのなら今すぐご登録をどうぞ!