m3career

《転職事情》登録者数No.1の転職エージェントは薬キャリだった!

薬剤師の転職エージェントの比較コンテンツを配信しております当サイト内におきまして、もっとも利用者の多い転職支援サイトはいったいどこなのか統計データを集計いたしました。

主要サイトの登録者数

No
転職エージェント
登録者数
薬キャリ218
ヤクステ92
リクナビ薬剤師49
マイナビ薬剤師31
(調査期間2014年6月〜2015年6月)

登録者数No.1に輝いたのは薬キャリでした。

薬キャリはエムスリーグループの運営する転職支援サービスで、
業界最大規模の求人保有数とスピーディでマッチング度の高い求人紹介が、
転職を希望する薬剤師さんから評価されています。

半数以上のシェアを誇る「薬キャリ」

shere

登録者の数を元にしたサイト別のシェアは薬キャリが55%という結果になりました。当サイトを閲覧して転職活動を開始した薬剤師の実に半数以上が薬キャリを利用しているということが分かります。

【関連リンク】
薬キャリを活用して転職する方はコチラ


《訪問取材》薬キャリ人気の秘密に迫る!

転職を検討している薬剤師から絶大な支持を得ている薬キャリ。その人気の秘密はいったい何なのか?どのようなキャリアコンサルタントが転職サポートを行っているのか?薬剤師転職DXが、薬剤師視点で訪問取材に行ってまいりました。今回の取材では、現役薬剤師でモデルとしても活躍する有村沙緒理さんと、薬キャリのキャリアコンサルタント魚崎さんにご協力していただきました。
m3career2

現役薬剤師モデル有村さん×薬キャリ魚崎さん

有村:最近では、薬剤師も紹介会社を気軽に利用するようになっていますが、実際にサービスへ登録しても、すぐに求人情報を紹介してくれない紹介会社が多い気がします。求人情報を開示するのは“一度会って面談してから”というような…。急いで転職をしたい時、時間もかかりますし面倒くさいなって思っちゃうんですよね。「薬キャリ」は、登録後どういう流れですか?

薬キャリ:当社はサービスご登録後、基本的にはお電話にて面談という形式をとっております。もちろん、薬剤師さんからのご要望があれば、対面による面談も実施いたしますが、ご要望される方は少ないです。

有村:え、そうなんですね!わたしがこれまでに利用したところは必ず一度対面での面接を行い、そこで希望の条件を伝えてからのスタートでした。

薬キャリ:当社では対面で話すことよりも、いち早く求人を紹介することの方が求職者の方にとっては重要だと考えています。実際に会うとなると行き帰りの時間も合わせて数時間はかかってしまいますしね。対面でお話することによるメリットもあるかと思いますが、面と向かっては逆に言いづらいこともあったりしますからね。

有村:それ分かります!希望と違う…と思っても、対面で強くすすめられると断りづらくなったりします。確かにお電話だと要望も伝えやすいし、何より日程の調整などしやすいし、いい事がたくさんありますね!
いま働いている職場に内緒で転職活動を始めることができるのですか?

薬キャリ:もちろん、始められます。一定地域内で存在する薬剤師さんの絶対数が少ない場合、プロフィールから個人が特定できる可能性があります。そういった場合は年齢をぼかすなどの対策で個人が特定できないように配慮しています。薬剤師の多い地域であればそのような心配はありませんが、地域によってはこの様に情報の取り扱いには特に気を付けています。

有村:それは安心感あります!
その他に「薬キャリ」を利用して転職をするメリットを教えて下さい。

薬キャリ:薬キャリの大きな強みは登録してから求人を紹介するまでのスピードの早さですね。
電話面談で薬剤師さんのご要望をお伺いした直後に、ニーズにあった求人を探していきます。既に求人を出している企業だけではなく、ご要望のエリア周辺の調剤薬局・病院・ドラッグストアなどを1軒ずつあたりながら、本当にお客さまのニーズにあったお仕事を探して、即日求人をご紹介するように心がけています。当社にご相談をいただく皆さんは、現在の職場に対して何かしら改善をしたいことがあるから転職を考えるようになります。その悩みが改善できる求人でなければ、転職する意味がありません。ですから、本当にニーズに合ったお仕事が紹介できるようにお話を伺いながら丁寧に求人も探します。
また、当社ではキャリアコンサルタントに特定の企業を優先的に提案するような教育はしていません。特定の企業を優先的に紹介する紹介会社さんもありますが、薬キャリでは大手からパパママ薬局まで幅広く求人を網羅していますから、幅広い選択肢をご提案できます。

有村:たしかに中立的な立場でアドバイスをもらえると安心です。
「薬キャリ」に登録している薬剤師さんの年齢層は何歳から何歳ですか?

薬キャリ:下は24歳。上は80歳の方のご登録が過去ありましたよ。

有村:80歳ですか!お元気ですね。何歳くらいまで求人のご紹介が可能なのでしょうか?

薬キャリ:決められた制限などはありませんが、例えば60代で調剤業務未経験のような方であればご紹介可能な求人が複数ございます!また、70代でもブランクなしで調剤経験のある現役の薬剤師さんであれば、ご紹介可能な求人はあります。年齢の高い薬剤師さんをお断りされている紹介会社さんも多いのですが当社では年齢関係なくご紹介いたします。

有村:さすがナンバーワン企業です!
薬剤師さんが転職する際に希望する条件は何が一番多いですか?

薬キャリ:年収・勤務時間・休み・人間関係など要望はご年齢や志向などにより様々ですが、深く話を聞いていくと年収と勤務時間を重視する薬剤師さんが多いように感じます。ご自身で確認しにくいような年収や勤務条件については、当社が間に立ってしっかり調整いたしますのでお任せください!

有村:条件に関して、たとえば「薬キャリ」と他の紹介会社を利用した場合で変わったりするのですか?

薬キャリ:紹介会社というよりは、担当のキャリアコンサルタントの力量により多少変わることはあると思います。
しかし、無理に条件面を変えられる人が必ずしも優秀なコンサルタントではないと考えています。それが採用企業にとっても、求職者の皆さんにとっても本当に良い結果になるとは限らないからです。真に優秀なキャリアコンサルタントは、双方のニーズに本当に合致した求人を紹介できる人なのではないでしょうか。
ですから当社では、ニーズに合致した求人を丁寧に探してご提案をしているのです。もちろん、それでも細部で交渉が必要な場面もございますので、そこは双方の妥協点を見極めながら、お互い納得した条件になるようにお手伝いをしています。

有村:なるほど、大切なのは求人選びなんですね!無理な交渉なしで条件のよい職場に転職したい場合、狙い目の時期はありますか?

薬キャリ:通年を通して極端に大きな動きはございませんが、冬場に近づくほど医療機関は忙しくなりますのでそれとともに求人数が多くなる傾向があります。ボーナス支給後に退職される方もおりますので、ボーナス後も狙い目です。
また、新卒の入社時期ですね。近年薬剤師の国家試験の合格率が低下しており、採用通知を出していても実際は合格できない新卒の方がいらっしゃるためです。その影響で想定より採用人数が少なくなる薬局が出てくるんです。想定の人員確保ができなかったことで緊急度が上がり、この時期は好条件の求人が出やすい傾向があります。
狙い目の時については、薬局の個別の事情により変動がありますので、その時の状況をキャリアコンサルタントに聞いてみるのが一番適切だと思います。

有村:キャリアコンサルタントは若い方が多いのでしょうか?

薬キャリ:そうですね、20代後半のキャリアコンサルタントが多いです。
ただ、当社のキャリアコンサルタントの選考については大変厳しいプロセスを設けており、かなりの難関を突破した猛者揃いです。
具体的には、まず説明会に出席いただいてから簡単なスピーチと質疑応答、そして文章作成試験と文章読解試験を行います。その後に課題図書を渡して一週間後に課題図書の内容について筆記試験。そこから一次面接、二次面接を経てようやく最終面接。そのあと一緒に働くメンバーとの面談があり、その後晴れて入社となります。
キャリアコンサルタントにより、ご案内の“質”に差がなく、薬剤師さんに本当にご満足して頂ける様、採用の段階でこのような厳しいプロセスを設けております。

有村:それはすごい難関ですね(笑)そんな難関を突破した優秀なキャリアコンサルトさんが担当してくれるのなら、安心してお任せできそうです!
「薬キャリ」のキャリアコンサルタントは男性と女性どちらが多いですか?

薬キャリ:半々くらいですね。若干女性の方が多いです。

有村:女性の方もご活躍されている職場なのですね!たとえば「女性のキャリアコンサルタントがいい」など指名することも可能でしょうか?

薬キャリ:もちろん可能です。登録する際のコメント欄などに「女性のキャリアコンサルタント希望です」などと記入頂いても構いませんし、直接担当にお申し付けいただいても構いません。その他にも、ご要望がありましたらいつでも対応いたします!

有村:我慢してしまう薬剤師さんもいるかと思いますので、気軽に相談できるのは安心ですね!
育児などでブランクがある場合の復職は難しいのでしょうか?

薬キャリ:ブランクについては、特に支障はありません。薬局にお勤めした後、別のお仕事をされていた薬剤師さんや、MRの経験はあるけれども調剤経験はない方など、様々なケースがございますが、数年のブランクはマイナス評価になることはあまりありません。

有村:経験が少ない場合はそれにあった職場があるのですね。

薬キャリ:そうですね。求人募集をされている背景は様々ですので、求められるスキルや経験は様々です。例えば、1~2名の少人数で展開している薬局で、即戦力を求めていらっしゃる場合はブランクの長い薬剤師さんをご紹介することは難しいです。反対に人数が多い薬局では、ブランクのある薬剤師さんが勉強しながら働き始められるというケースもあります。募集背景によって様々なニーズがありますので経験が少ない薬剤師さんや調剤未経験の薬剤師さんでもご紹介可能な求人はたくさんあります。

有村:調剤未経験でもご紹介頂けるのですね!
転職って何かと不安なことも多いと思うのですけど「薬キャリ」では転職したあとも相談にのってくれたりするのですか?

薬キャリ:もちろん!入社後でも、必ずご状況確認のご連絡をしております。その際に、万が一「条件が違っていた!」という事がありましたら、当社が間に入り、再度調整を行うこともあります。ご本人が言い出しにくいことをさりげなく採用企業に伝えるなどの役割も果たしております。

有村:そこまでやってもらえるなら安心ですね。転職は人生においても大きなイベントなので「薬キャリ」のように誠実な対応をしてくれると非常に有難いです!私も転職をする際は是非ともお願いします。本日は色々とお話を聞かせて頂きありがとうございました。

心に残った転職エピソード

m3career3

真摯な転職サポートが持ち味の魚崎さん

有村:キャリアコンサルタントとして印象に残っているエピソードがあったら教えてください。

薬キャリ:私が実際に転職のサポートをさせて頂いた30代の女性の薬剤師さんのエピソードが印象に残っています。当時、その薬剤師さんは規模の小さな薬局にお勤めで、大手の薬局に転職し、いろいろな経験をつみたいというご希望をお持ちでした。ご要望の通り、私からは大手の薬局をいくつかご紹介し、最後は老舗の大手薬局とベンチャー気質のある中堅の薬局という二択になりました。安定をとるなら前者、チャレンジするなら後者。30代でご結婚を控えられていたということもあり、薬剤師さん自身かなり悩んでおられました。基本的には最後の意思決定は、薬剤師さんのご判断にお任せしているのですが、その時は私の意見として「ベンチャー気質な薬局でやりたいことをやっていた方が良いのではないでしょうか」とアドバイスさせていただきました。

その結果ベンチャー気質な薬局の方へご入社されたのですが、後日薬剤師さんから「あの時魚崎さんが背中を押してくれて、自分の中では少しチャレンジングだと思っていた方を選択できたことで、私の人生が大きく変わりました。」と言って頂きました。以降その薬剤師さんから、転職を検討されているご友人や同僚の方を何人もご紹介頂き、担当させて頂きました。私のキャリアコンサルタントとしての経験の中で、最も心に残る本当に嬉しかったエピソードです。

有村:心温まるエピソードですね。魚崎さんのようなキャリアコンサルタントなら私も安心して転職の相談ができます。本日は色々とお話を聞かせて頂きありがとうございました。

あなたも薬キャリに登録して人生を変えよう!

No.1薬キャリ

薬キャリ
求人件数 対応地域 利用料金
30,000〜 全国 無料

推奨理由

利用者数No.1の転職支援サイト!サービスの質、スピード、クオリティどれを取っても日本最高レベルです。



このエントリーをはてなブックマークに追加